×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

高額医療を確定申告?

高額医療について最も誤解されている点に、「10万円以上の医療費を確定申告すれば還付金が受け取れる」というものがあります。
これは高額医療に関する重大な間違いです。
このような理解をされている方は、高額医療と医療費控除を混同されているのだと思われます。
高額医療費というのは、1ヶ月間に自分の所得に応じた限度額を超えた医療費がかかった場合、限度額を超えた金額を高額医療の計算式に当てはめて算出した額だけ高額医療費として健康保険から還付を受けることができるという制度です。
高額医療は社会保険や国民健康保険などの健康保険組合から還付されるものであり、税金を納める確定申告とは全く別物であるということをまずは理解しましょう。
高額医療は自分が加入している健康保険組合に申請するものなのです。

☆高額医療 pick up!

高額医療と不妊治療
高額医療とガン
高額医療と交通事故
薬剤師のアルバイト

高額医療と医療費控除

高額医療と違い医療費控除というのは、確定申告で税務署へ申請するものです。
1年間で一世帯の医療費の支払いが10万円以上あった場合に、申告することができます。
所得から医療費として控除が受けられる制度であり、医療費控除を受ける金額には税金がかからないということです。
医療費控除の確定申告は1年間に受け取った医療機関の領収書を、税務署へ提出します。
医療費控除には保険適用外のものも含まれますし、交通費も医療費控除に含まれます。
ただし、医療費控除申告で気をつけないといけないのは、保険金(給付金)は医療費から差し引く対象となるということです。
ですから、高額医療で還付された分は、医療費から差し引く計算になります。
高額医療と医療費控除を混同していた人の中には、高額医療も年末に申請すれば良いと思っている人もいるようです。
高額医療も2年以内であれば申請は出来ますが、高額医療と医療費控除では申請先が違うため、訳が分からなくなってしまうことも多いようです。
医療費控除は税金、高額医療は保険が還付されるものと覚えておきましょう。

☆高額医療 pick up!

高額医療とインプラント
高額医療とコルセット
高額医療と出産
足やせ

スポンサード リンク

高額医療の制度を知ろう

高額医療は、自分が加入している健康保険組合に申請しなくてはいけません。
この制度を知らずに申請をしなかったがために、払い戻しを受けなかった人が毎年多くいるみたいです。
大企業や公務員などは、申請をしなくても自動的に高額医療の算出をして、払い戻してくれるところもあるそうです。
会社によって、高額医療の申請の仕方も還付される方法もさまざまです。
例えば、法律で定められている高額医療の限度額は、一般の人で80,100円ですが、健康保険組合によっては違うところもあるようです。
自動車で有名なトヨタ自動車の健康保険組合では、この限度額が所得に関係なく20,000円なのだそうです。
2万円以上の医療費は高額医療還付が受けられるなんて羨ましいですねー。
ちなみにトヨタ自動車では、高額医療申請をすれば、3ヵ月後の給与に合算して還付金が支払われる仕組みになっているようです。
高額医療制度がこれだけしっかりしていると安心して治療に専念できますね。
反面中小企業に至っては、従業員に高額医療の仕組みを説明していないところもまだまだ多いようです。高額医療制度について、しっかりと知識をつけておきましょう。

☆高額医療 pick up!

高額医療の時効
高額医療
高額医療と保険適用
高額医療の計算方法

Copyright © 2008 高額医療と確定申告