×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

高額医療 不妊治療の悩み

高額医療費が必要な不妊治療。自分の子供が欲しい、元気な赤ちゃんを抱っこしたいと、切実な悩みを持って不妊治療を続けている人たちがいます。
結婚して2年以上経っても、妊娠できない状態を不妊というのだそうです。
不妊治療は、精神的・肉体的・金銭的な負担がとても大きいものです。
不妊治療の初診・再診・一般不妊治療は保険対象ですが、高額医療費を必要とする治療の多くは保険が適用されません。
保険が適用されない不妊治療に体外受精・顕微受精があります。
1回の治療費は、20万円以上を必要としますから、保険が適用されないとなると、その負担は計り知れないものがありますね。
健康保険が適用されないとなると、もちろん高額医療申請もできません。
高額な治療費が必要なものほど保険適用がされておらず、高額医療申請ができないというジレンマを抱えている不妊治療中の方も多いと聞きます。
不妊治療には危険もあります。不妊治療の失敗から大量出血、命を落とすことだってありえるのです。
そんな不妊治療に高額医療申請もできないなんてあんまりですよね。

☆高額医療 pick up!

高額医療
高額医療とガン
高額医療と交通事故
ジェットリー

スポンサード リンク

高額医療じゃない不妊治療助成

健康保険が適用される不妊治療は初診や一般不妊治療などに限定されてしまいます。
現実的に効果が期待できるような不妊治療は保険適用ではないのです。
健康保険適用外ということは、高額医療申請ができないということです。
高額医療申請はできませんが、現在はこれらの特定不妊治療に要する費用を一部、助成してくれる制度ができました。
条件は、下記の通りです。
 ●特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された法律上の夫婦
 ●助成してくれる自治体に住所を有すること
 ●知事が指定する医療機関で不妊治療を受けて終了していること
 ●夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円未満であること
 ●申請日の属する年度において、2回以上、他県等で実施する特定不妊治療費助成を受けていないこと。
これらの条件を満たす方には、助成金が1年あたり治療1回につき10万円を限度2回まで、通算5年間支給されます。
高額医療申請はできなくても、不妊治療に対する助成金制度ができているということは喜ばしい限りです。

☆高額医療 pick up!

高額医療とインプラント
高額医療とコルセット
高額医療と出産
薬剤師 短期アルバイト

高額医療申請の条件

不妊治療を受けていると言われている人は著名人にもいますよね。
マリナーズのイチロー選手も不妊治療を受けているといわれていますし、ハイヒールリンゴさんも不妊治療経験者です。
不妊治療にも漢方を用いたものや注射など、実に様々な方法があるようです。
健康保険適用外の不妊治療にも助成金が支給されるとはいえ、不妊治療の全てが保険適用になることを心から願わずにはいられません。
不妊治療の全てが健康保険適用になれば、高額な医療費がかかっても高額医療申請をして還付してもらうこともできますから、少しは不妊治療の金銭的負担も減るのではないでしょうか。
不妊治療が健康保険適用されれば、不妊治療で腕のいい医師を全国で探すようなことができる不妊に悩む夫婦ももっと増えると思うんです。
不妊治療の口コミをあてにして病院を探すこともできるはずです。
不妊治療に悩む全ての御夫婦に、一日も早く明るい未来が来るよう心からお祈り申し上げます。

☆高額医療 pick up!

高額医療の時効
高額医療と確定申告
高額医療と保険適用
高額医療の計算方法

Copyright © 2008 高額医療と不妊治療