×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

高額医療 インプラント

高額医療が申請できるかどうかが気になっている治療に、インプラント手術がありますよね。インプラントは人工歯根を埋め込む大掛かりな外科手術を必要とする治療で、インプラントの医療費ははっきり言って莫大なものになると考えて間違いないでしょう。
そんなインプラント手術ですが、高額医療申請の対象になるかといえば残念ながら答えはノーなんですね。
インプラント手術は近視矯正手術のレーシックなどと同じように健康保険適用外の治療になりますので、高額医療申請をすることはできません。
美容整形の手術が健康保険適用外という話はなんとなく納得できるんですが、レーシックやインプラントも保険適用外で高額医療申請できないなんてちょっとナンセンスだと思いませんか?
まあ、レーシックやインプラントを保険適用の医療行為にしてしまうと健康保険が今の保険料では成り立たないらしいので仕方ないですけど。
確かにみんながレーシックやインプラント手術を受けて高額医療申請を行えば莫大なお金がかかってしまいそうです。

☆高額医療 pick up!

高額医療と不妊治療
高額医療とガン
高額医療と交通事故

高額医療 歯列矯正

高額医療とデンタルケアの関係はインプラントだけではありません。
最近の子ども達は、みんなモデルのように可愛いい子が多いですね。
背が高くて、足も長くて、顔が小さい!そう思いませんか?
でも、顔が小さすぎるのも、問題があるようです。それは、歯並びです。
顔が小さいと、必然的に顎も小さくなりますから、小さい顎に歯がきれいに並びきらないのだそうです。
人間の歯は、あごの大きさに関係なく、皆同じ本数、生えるのだそうです。
生えてくる場所が狭いと、歯並びが悪くなるばかりではなく、噛み合わせなどの問題も出てきます。
こうなると、歯医者さんに行くと、歯列矯正を薦められます。
私の知人のお子さんは、歯医者さんで「少なくてもこれだけは、かかると思ってください」と片手を広げられたそうです。
5万円ではありません。50万円です!
でも、これは少ないほうかもしれませんね。
さあ、この歯列矯正の費用は高額医療申請ができるのでしょうか?
答えはノー。歯列矯正費用50万円、健康保険適用ではありません。
健康保険が適用されないということは、歯列矯正も残念ながら高額医療の申請は出来ないのです。

☆高額医療 pick up!

高額医療
高額医療とコルセット
高額医療と出産

スポンサード リンク

高額医療がダメなら医療費控除で

高額医療申請の威力をここでも思い知ることになります。歯列矯正費用がもしも保険適用であれば、50万円のうち15万円の自己負担で済みますし、更にその内67,570円の高額医療費が還付されるのですから、高額医療が使えるのと使えないのではその差は大きいですよね。
ちなみに、歯列矯正費用は高額医療がダメなら医療費控除はされると思いますか?
このケースの答えはイエスです。歯列矯正費用は高額医療申請はできませんが医療費控除の対象にはなります。
なぜなら、今回の歯列矯正は子どもの成長を阻害しないようにするための歯列矯正だからです。
1年間、治療にかかった領収書を持って、税務署に確定申告に行きましょう。
歯列矯正は、長い期間を要する治療です。
高額医療は無理でも、毎年、医療費控除をすることをお勧めします。
ここでまた注意ですが、大人が歯並び美化のために行う歯列矯正は、医療費控除の対象にもならないので気をつけましょうね。
完全に美容整形手術と同じ扱いになってしまいます。

☆高額医療 pick up!

高額医療の時効
高額医療と確定申告
高額医療と保険適用
高額医療の計算方法

Copyright © 2008 高額医療とインプラント