×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

高額医療の計算

高額医療を利用しようとした場合、どのように計算したらいいのでしょう?
あなたは高額医療の計算方法をご存知ですか?
高額医療の計算方法はちょっととっつきにくく感じてしまうため、ご存知でない方も多いと思います。
ここでは、70歳未満の人の高額医療計算方法を紹介しましょう。
まずは高額医療申請を行う医療費を仮定します。
70歳未満の一般の所得の方が、入院して1ヶ月に100万円の医療費がかかったとします。
一般の所得の方というのは、控除額を除いた総所得が600万円に満たない人のことです。
この場合、高額医療を利用しないと自己負担が3割の30万円が自己負担金になります。
高額医療を利用せずにこれだけの金額を用意するのは、かなりの負担になってしまいます。
しかし、高額医療を利用すれば、負担をかなり減らすことができるのです。
高額医療の算出方法は、決められた計算式で算出します。

☆高額医療 pick up!

高額医療と不妊治療
高額医療とガン
高額医療と交通事故
ハゲ予防

スポンサード リンク

高額医療 計算方法

高額医療の計算方法を具体的に説明しましょう。まずは自分の負担金の限度額がいくらになるかを計算します。
一般の方の場合、『80,100円+(医療費−267,000円)×1%』という計算式にあてはめて考えます。
ここで一般の方という表現を使ったのには理由がありまして、簡単に言えば控除後の年収が600万円以上の方とそれ未満の方とでは高額医療の限度額が変わってくるためです。
一般の方の場合、高額医療の限度額80,100円+(1,000,000円−267,000円)×1%=87,430円となります。
この87,430円が負担金の限度額です。
負担分の3割分からこの限度額を差し引いた分が高額医療費ですので、300,000円−87,430円=212,570円。
この212,570円が高額医療として、戻ってくるということになります。
高額医療の計算方法はお分かりになりましたか?
今回の高額医療計算で用いたパターンではかなりの額が高額医療費として還付を受けられることになります。

☆高額医療 pick up!

高額医療とインプラント
高額医療とコルセット
高額医療と出産
ハナテン

高額医療 還付の受け方

高額医療を受ける場合、高額医療費還付の受け方も選ぶことができます。上記のパターンですと、30万円の医療費に対して212,570円の高額医療還付を受けられるわけですが、30万円の医療費を支払った後に高額医療申請をして、212,570円を高額医療費として還付してもらうか、入院が決まった時点で高額医療申請をして87,430円の支払いで済ますかを選べるというわけです。
もちろん、高額医療費の計算式は所得によって違いますし、70歳以上の方も変わってきます。
高額医療利用の際には、病院の相談窓口や加入している健康保険組合で相談してみることをおすすめします。
健康保険という制度は皆さんがあまり知らない隠れたメリットを享受できるものがあります。
高額医療費の還付制度はその1つですよね。知っているのと知らないのとでは大違いです。
せっかく毎月保険料を払っている健康保険です。しっかりと制度を利用しましょうね。

☆高額医療 pick up!

高額医療の時効
高額医療と確定申告
高額医療と保険適用
高額医療

Copyright © 2008 高額医療 計算方法